診療内容について

不妊症治療

当院は、不妊治療に最も重きを置いたクリニックです。長年の不妊治療の経験を元に、患者様一人一人に合ったテーラーメイドの不妊治療を心がけております。また、院長は山形県内で二名しかいない日本生殖医学会認定生殖医療専門医の一人ですので(専門医リスト)、安心して治療をおまかせください。

不妊相談
早めに子供を授かりたいという方、妊娠できるのか不安だという方、実際になかなか妊娠しないので原因を調べたり治療を考えたい方など、妊娠したいという方はどなたでもまずはお気軽に受診してみてください。受診するのはちょっと...という方には別途相談窓口も準備しております。
不妊検査
排卵の有無の確認、超音波検査、ホルモンの検査、卵管の通過性をみる検査(子宮卵管造影)、精液検査、精子機能検査(精子生存率テスト、スイムアップテストなど)、性交後試験(ヒューナーテスト)、坑精子抗体検査、子宮鏡検査、坑ミュラー管ホルモン(AMH)の測定などをご希望に応じて行っています。腹腔鏡検査が必要な場合は、他の病院を紹介しております。

当院でお勧めしている不妊治療スクリーニング検査一覧はこちら。(PDF)

治療の進め方
診察や検査の結果何らかの異常が疑われた場合は、それらを解決するための対策を指導したり、あるいは治療を行っていきます。タイミング法、排卵誘発剤の使用、卵管通水、各種の薬物療法や手術療法、人工授精、体外受精、顕微授精などが代表的な治療です。なるべく自然に近い方法で妊娠を目指す一方で、必要と判断した場合には速やかに高度な治療をお勧めすることもあります。また明らかな原因がみつからない場合は、負担の軽い治療から徐々に段階を上げていくステップアップ法を行うこともあります。
人工授精(AIH)
精子を直接子宮の中に入れる方法です。精子が少ない、あるいは精子の動きが悪いなど、主に男性側に原因がある場合や、ヒューナーテストが不良の場合にも有効です。当院では、より元気な精子を厳選し、より適切なタイミングで人工授精を行うことにより妊娠率のアップを目指しています。
一般不妊治療に関する説明会
臨時開催となりますが、一般不妊治療の説明会を行っております。不妊検査や不妊治療ってどんなことをするの?という疑問にお答えします。予約制ですのでご希望の方は受付までお申し込みください。

不育症治療

不育症相談・治療
流産や死産を繰り返すことを不育症と呼びます。その原因の多くは胎児の染色体異常にありますが、その他に原因がないかどうかを検査し、必要に応じて治療を行っています。また、低用量アスピリン療法、ヘパリン療法なども積極的に取り入れています。

婦人科一般

婦人科一般診療
不正性器出血、生理不順、下腹部の痛み、陰部のかゆみなどのトラブル、更年期相談、避妊希望(緊急避妊法も含む)、妊娠の診断、乳房のトラブル、子宮筋腫をはじめとする子宮腫瘍や子宮内膜症、卵巣腫瘍など、婦人科に関わる全ての一次診療を行っています。
日帰り手術
流産手術、バルトリン腺囊胞造袋術、子宮内膜ポリープ切除術などの日帰り手術も行っています。また人工妊娠中絶術も行っております(11週まで)。

がん検診

子宮癌、卵巣癌
子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌検診を行っています(いずれも二次検診にも対応可)。各自治体の助成券や職場の助成券などをお持ちの方はご持参ください。

予防接種

予防接種
インフルエンザワクチン、ヒトパピローマウイルス(HPV)予防ワクチン、風疹・麻疹予防ワクチン接種を行っています(小学校高学年以上)。
診療受付時間

診療受付時間表

休診日:水曜日と土曜日の午後・日曜日・祝日

今月のスケジュール

もっと見る

ページTOPへ